TOPに戻る

肌には水分&栄養分

歳いくと、油分も必要

たま〜にはマッサージ

パックは使い分けよう!

睡眠は効くよ

ここぞの食事メニュー

拭き取り化粧水は必要

化粧水悩み別つけ方

シャワーじゃなく湯船に
 

 私の美肌編
 

 私の目標は、ずばりトラブルのない肌です!←なかなかむずかしいけどね。
一応周りからは「肌きれいね〜」って褒められる事が多いので、←ちょっとした自慢、ほほほ〜
私が実践している、美肌道を紹介していきますね。

 基本は洗顔(理論編)



 
なんていったって、洗顔は基本中の基本!これができてないと、どんなに高級な
化粧品を使ってもダメなのですよ。
 

 だって汚れがいっぱいついてるのに、上から良い物を補給してもまったく意味なしだもの。逆に汚れをためちゃう事になりますからね。


 メイク、又は日焼け止めを塗っている時は、必ずクレンジングはする事!
よく、「私は日焼け止めしか塗ってないから洗顔のみで。」っていう人がいるけど、
それは言語道断!
  

 日焼け止めは、汗に強くする為、ウォータープルーフタイプになってるものが
ほとんどなんで、普通の洗顔じゃ落ちないの。
なので、日焼け止めだけの人も絶対にクレンジングは使用してくださいね。

 

 基本は洗顔(クレンジング編)

 

 まず、クレンジングを使用する前に、アイメーク、あと口紅。
これはできるだけ、専用のリムーバーで落として下さいね。


 でないと顔といっしょに落とすと、どうしても色素が広がるから、色素沈着の原因になってしまうんですよ。


 予算の関係上ど〜しても無理ならそれは仕方ない(笑)。
手持ちのクレンジングで、できるだけ分けて落とすようにして下さいね。


 いろんなタイプのクレンジングがあるので、私が思うには、自分の肌に合ってるものでいいと思うんですね。
 ただ、激乾燥肌の人なら、ミルクタイプが1番しっとりはします。


 コツはこすらない事!肌の上でやんわりメイクとなじます感じがミソです。
逆にゴシゴシすると、汚れを毛穴に埋め込んじゃうんで気をつけて下さい。


 洗い流す又は拭き取りタイプ、どちらにも共通する事は、
必ず完全に落としきる事。
 

 拭き取りは、コットンに色がつかなくなるまでが目安です。
ちなみにその時のコットンは濡らしとくのがコツ!肌が傷みませんよ。

 

 基本は洗顔(洗顔編)

 

 洗顔も色々なタイプがありますが、必ずしっかり泡だてる事がコツ。
←泡立たないものは別よ。無理だから(笑)。
ふわふわの泡で洗うと、汚れも落ちやすいし、肌も傷めないし、なんていっても気持ちいいのよ〜♪


 あとはしっかり洗い流す。
100回すすげ!っていうけど、とても無理なんで、私は20〜25回です。ただ、はえぎわとかに残りやすいんで、チェック要ですよ〜。
 

 ちなみに私は、最初ぬるま湯で最後が冷水にしています。

 

 

 


 


 トップ | 私の美髪編 | 私の健康編 | 私のファッション編 | 私のダイエット編 |   Special 企画
copyright 2003〜2006 綺麗Style all rights reserved
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー